中山恭子オフィシャルホームページ
 
文字を大きく デフォルト 文字を小さく
ホーム プロフィール 北朝鮮による日本人拉致問題 国政活動 日本文化による国際貢献 書籍のご紹介 後援会のご案内
 
トピックス : 7/31~9/20国政活動報告アップしました
投稿日時: 2012/9/27

9月19日(水)~20日(木)北海道 旭川・東川・当麻へ

小学生時代を過ごした北海道上川郡東川町、両親の実家があった当麻町に伺い、旭川  市も含め計4か所で講演会を開催して頂きました。

また、幼い頃暮らした家のあった地も久方ぶりに訪ねて、爽やかな空気に深呼吸。

元気を頂いて帰京しました。

9月10日 第17回日本文化による国際貢献を考える研究会

 日本文化による国際貢献を考える研究会では、今回建築家で東京大学教授の隈研吾先生
 を講師としてお招きして開催しました。
 中山議員が国際交流基金に勤務していた1995年、ベネチアビエンナーレへの出品の 際に、当時新進気鋭の隈先生が日本館のしつらえを担当され、千住博さんがウォーターフォールで金獅子賞を獲得されたご縁により実現したものです。
 当日は、自然に溶け込む日本の文化に根差した建築論が、世界各地での実績映像とともに紹介されました。
 
 
 

9月4日(火)「文化のプラットホームとしての日本」議員連盟 設立総会

 これまで中山恭子後援会「日本文化による国際貢献を考える研究会」では、17回にわたる講演会を開催し、「世界中の文化が輝き、溢れ、交流する 文化のプラットホーム日本」と題する政策提言を出して活動して参りました。この政策提言に書かれている事項を実現すべく、この度国会の中にも同志を募り、超党派で「文化のプラットホームとしての日本」議員連盟を設立しました。
 会長には、平沼赳夫先生、その他各党から多くの賛同を得て、設立総会を開催しました。
総会当日は、作業部会のメンバーとしてもご尽力頂いた、三重県立美術館長の井上隆邦先生、東京芸術劇場副館長の高萩宏先生に講師としてご参加頂きました。
 
 
 

8月25日(日)拉致被害者救出 県民大集会で新潟へ

新潟で行われた「全ての拉致被害者を救出するぞ 8・25県民大集会」にパネリストとして参加しました。櫻井よしこさんのコーディネートで、平沼赳夫拉致議連会長、安倍晋三元内閣総理大臣、救う会の西岡力会長とともに、議論しました。

8月5日(日) 群馬県沼田市の天狗まつりに参加しました。

活気ある街の様子と、人々の温かさに魅了されました。
 
 

7月31日(火)参議院社会保障と税の一体改革に関する特別委員会

社会保障と税の一体改革に関する特別委員会で質問に立ち、野田総理大臣に対して、
「終戦の日を前に、戦後の日本をどう評価し、今後の日本をどう描くか」、総理が愛国心を持つことの重要性について質しました。


 
 



 
北朝鮮による日本人拉致問題
国政活動
日本文化による国際貢献
書籍のご紹介
後援会のご案内
リンク
リンク
 
 
▲このページのTOPへ