中山恭子オフィシャルホームページ
 
文字を大きく デフォルト 文字を小さく
ホーム プロフィール 北朝鮮による日本人拉致問題 国政活動 日本文化による国際貢献 書籍のご紹介 後援会のご案内
 
国政活動報告

国政活動報告

参議院議員として所属する委員会での質疑をはじめとして、幅広く活動しています。
国政活動報告
国政活動報告 : 2013年
投稿日時: 2013/5/14

3月19日 前橋市で記者会見

群馬県火曜会での講演会の後、前橋市で記者会見し、拉致問題や教育再生など取り組むべき仕事が残っており、引き続きこれらの諸課題に力を尽くしていくため、今夏の参議院議員選挙に出馬する意向であることを表明しました。

記者会見する中山恭子議員 

3月11日 東日本大震災追悼式

3月11日 国立劇場で東日本大震災二周年追悼式が開催されました。中山恭子参議院議員も参列し、大震災で亡くなられた方々への鎮魂の意を表すると共に、被災地の復興に向けて更なる取り組みへの思いを新たにしました。

3月7・8日 共生社会・地域活性化に関する調査会視察 

3月7・8日 共生社会・地域活性化に関する調査会は、福島県の現地視察を行いました。

 東京電力福島第一原子力発電所では、免震重要棟において概要説明を受け、発電所構内を視察しました。収束までには遠い道のりです。

2月27日 参議院予算委員会で安倍総理に拉致問題について質問しました。

 まず、日米首脳会談で日本側が国家として拉致被害者を取り戻すという強い意思を示したことで米側の協力を得られたと思う。

 2002年拉致被害者が帰国した際、五人を日本に留めることについて、当時官房副長官だった安倍総理が決断されたことは間違っていなかった。

金正恩体制を解決のチャンスとみて被害者の救出に当たって欲しい。

 また古屋拉致問題担当大臣には、拉致被害者の認定を拡げることを要望しました。

 安倍総理は、対話と圧力によって大きな決断を迫っていくとの決意を示されました。

2月13日 北朝鮮に拉致された日本人を早期に救出するために行動する議員連盟

昨年末の衆議院選の結果を踏まえて、新しい会員による拉致議連が開催され、北朝鮮情勢等の意見交換を行いました。

通常国会開会式 

第183回国会(常会)は、1月28日に開会しました。中山恭子参議院議員は、「和装議連」の一員として、着物姿で開会式に臨みました。


 
北朝鮮による日本人拉致問題
国政活動
日本文化による国際貢献
書籍のご紹介
後援会のご案内
リンク
リンク
 
国政活動
 
▲このページのTOPへ