中山恭子オフィシャルホームページ
 
文字を大きく デフォルト 文字を小さく
ホーム プロフィール 北朝鮮による日本人拉致問題 国政活動 日本文化による国際貢献 書籍のご紹介 後援会のご案内
 
北朝鮮による日本人拉致問題

2002年9月に北朝鮮が日本人拉致を初めて認め、10月に5人の拉致被害者が帰国しました。しかし、北朝鮮からは安否に関する納得のいく説明は未だ得られず、今尚多くの日本人が全ての自由を奪われ、30年近く囚われたままの状態で日本からの救出を待っています。

日本人一人ひとりが仲間を必ず救い出すと心を一つにすることが、北朝鮮に対する最も強いメッセージになります。これからも皆様のご理解とご支援を心からお願い申し上げます。

拉致問題に関しましては、平成14年9月内閣官房参与として携わって以来、安倍内閣において内閣総理大臣補佐官、福田内閣において拉致問題担当国務大臣・内閣総理大臣補佐官、また、麻生内閣では内閣総理大臣補佐官として拉致問題を担当致しました。

 

北朝鮮による日本人拉致問題の詳細→内閣官房拉致問題対策本部事務局

アニメ「めぐみ」(政府インターネットテレビ)

 



 
北朝鮮による日本人拉致問題
国政活動
日本文化による国際貢献
書籍のご紹介
後援会のご案内
リンク
リンク
 
北朝鮮による日本人拉致問題
 
▲このページのTOPへ