中山恭子オフィシャルホームページ
 
文字を大きく デフォルト 文字を小さく
ホーム プロフィール 北朝鮮による日本人拉致問題 国政活動 日本文化による国際貢献 書籍のご紹介 後援会のご案内
 

 新年のごあいさつ

  新しい年を迎え、皆様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

  昨年は、3月11日に発生した東日本大震災、大津波と、福島の原発事故への対応に懸命の一年でした。自然の脅威に愕然とし、

被災された方々の身の上を案じる日々が続きました。

 そんな中でも、東日本の人々の冷静で秩序正しく、礼儀を失わない姿は、私たちに日本人と日本文化の底力を再認識させてくれました。 

 被災地では突如として当たり前の日常が失われ、未だ苦しい日々が続きますが、あの美しい東日本が再び世界の羨望を集める

 地域となる日まで、復興への歩みを進めていかねばなりません。

  年末に北朝鮮の金正日総書記が死去しました。日本政府は、拉致被害者の身の安全を確保し、体制が固まる前にしっかりとしたメッセージを発することにより、被害者の解放を求めることが必要です。

  拉致問題の解決、被災地の復興、日本経済の復活、そして日本文化による国際貢献、など、引き続き懸命に取り組んで参ります。

  今年も一日一日が大事な年となりそうです。

  皆様のご健勝とご活躍を心より祈念申し上げます。

 

                        中山恭子

 


 
北朝鮮による日本人拉致問題
国政活動
日本文化による国際貢献
書籍のご紹介
後援会のご案内
リンク
リンク
 
プロフィール
ご挨拶
 
▲このページのTOPへ